中国語のピンインと声調は発音とセットで!実用的で効率の良い覚え方

中国語のピンイン(拼音)声調って覚えるの大変ですよね~。

私も中国語の勉強をし始めた当初、苦労したのでものすごくよく分かります。

私の場合、ピンインと声調まで覚える事がすごく面倒くさく感じていたので・・・出来る事ならやりたくなかったのですが、テスト対策の為に仕方なく勉強し始めました。

なのですが、勉強がだんだん進んでいくと試験対策とは関係なく、自然と単語を覚える時には必ずピンインと声調もセットで一緒に覚えるようになりました。

それは中国語を勉強する上で発音(ピンインの読み方、正しい発音、声調を身に着ける事)がすごく大切という事を実感するようになったからです。

中国語を勉強するならピンイン(声調も含めて)までしっかり覚える事が大切です!

試験対策というだけの意味ではありません。

そもそも、ピンインと声調がしっかり頭に入っていないと正しい発音が身に付きません

中国語は発音(声調も含む)が正しくなくては相手に伝わりませんからね。

そして中国語を仕事に使いたいならピンインが分からないとパソコン入力ができないので後々苦労します。

なので単語を覚える時にはピンインと声調もセットで是非一緒に覚えて下さい!

・・・とは言っても覚えるのが大変なんですよね~(*´Д`)

ここでは私が色々試してきたピンインと声調の覚え方の中で最終的に一番効率の良かった覚え方をご紹介します。

特にピンイン&声調の読み方がまだしっかり身についていないという方は是非試してみて下さいね(*^^*)

結局「書いて覚える」が一番効率的

冒頭でもお話ししましたが、私は単語を覚える時は必ずピンインと声調もセットで一緒に覚えます

具体的に言いますと、覚えたい単語の漢字&ピンインを発音しながら書いて覚えます。

書いて覚える・・・一番面倒くさい勉強方法なのですが、結局はこの地道な勉強方法が一番効率がいいです。

書いて覚える事が何で効率がいいのかと言いますと、ただ単語を覚えるだけではなく、書き取り聞き取りピンイン読み声調発音も同時にまとめて覚えられるからです!

覚えたい単語の漢字&ピンインまで書いて1セットです。

これを書きながら同時に声に出して声調を意識しながら発音練習もします。

ポイント
  • 声調は印象付ける為に大きくオーバーに書く!

覚えにくい声調の時は私は赤でなぞって視覚的に自分に印象付けしたりもしていましたよ。

書く時にオーバーなぐらい声調を意識しながら大きな声で発音すると、視覚だけではなく聴覚も使うのでより脳に印象が残ります。

単語を覚える時は頭の中だけで覚えた気になるのではなく、書いて、目で見て、耳で正しい発音を聴いて、大きな声で発音して五感をフル活用するとより印象に残るので覚えやすいですよ!

私はこの方法で単語を覚えてきました。

覚えるというか、頭と耳に叩き込むという感覚で勉強していました(*^^*)

単語(漢字・ピンイン・声調)を覚える=発音練習!?

特に中国語初心者の方におすすめなのが、単語を覚えるついでにピンイン・声調の読み方も含めての発音練習もしちゃうという事です!

実は私、ピンインの読み方はこの方法で覚えましたから(笑)

ポイントは必ずお手本の発音を聴きながら勉強するという事です。

ほとんどのテキストには付属でCD(お手本の発音)が付いていると思います。

このCDを勉強に活用していますか?

活用しないとものすごく勿体ないですよ!

先ほどご紹介しました私の単語を覚える時の勉強方法がありますよね。

覚えたい単語(ピンイン・声調を含む)を書く時、お手本の発音を聴いた上で正しい発音を真似して大きな声で発音しながら書きます

ピンインを書きながら正しい発音を聴きながら何度も繰り返し発音していると、ピンインの正しい読み方が自然に身についてきます。

ポイントは最初の慣れないうちはものすごく丁寧に時間をかけてやるという事です。

私は最初の頃はCDを活用しながらしっかり発音練習をしていましたが、この方法で勉強を続けていたらどんどんピンインの正しい読み方が身についてきたので、実際にCDを聴きながら勉強したのは最初のうちだけでした。

正しいピンインの読み方が身に付いちゃえばCDなんて活用しなくても大丈夫になってきます♪

将来的にお手本CDを活用する必要がなくなるという事を言いたいのではなく、基本の発音、ピンインの正しい読み方は最初にしっかり勉強しておけば身に付くという事です!

わざわざ発音練習をしなくても、単語を覚えるついでにやっちゃえばかなり効率良いですよ!って話です(*^^*)

ただ単に単語を覚えるだけよりも慣れるまではもちろん時間がかかる勉強方法です。

ただ、慣れてさえくれば逆にかなり早く覚えられるようになる勉強方法でもあります。

中国語を本気でマスターしたい方、興味のある方は是非試してみて下さいね!

【まとめ】単語を覚える事はピンイン&声調の読み方の練習にもなる!

私の経験から言いますと、単語は結局の所書かないとしっかりは覚えられません

単語を見た時に意味は分かるけれど発音は覚えていないとか、発音は分かるのだけれど書けないという事ありませんか?

それってものすごく勿体ないです!!試験ならうる覚えはアウトです。

試験にはピンインや声調だけではなく書く問題も出題されるので、単語を覚える時は常に書いて覚えるを習慣づけると後々役に立ちますよ(*^^*)

試験を受ける必要がなくても、ピンインを読めるようにするのは中国語を勉強するにあたり絶対に必要な知識です。

せっかく単語を覚えるのなら中途半端に覚えるのではなく、同時に全部覚えちゃえばすごく効率がいいと思いませんか?

面倒くさく感じるのは最初だけです。

因みに、この方法で単語を覚える事に慣れてくると、単語で覚えるよりも文章を丸ごと覚えちゃった方がもっと効率がいいという事に私は気付きました。

なので私は単語だけをひたすら覚えていくという勉強方法は、勉強を始めた初期にしかしていません(笑)

詳しい内容はコチラ↓↓↓
中国語を早く上達させたいなら暗唱!やり方&コツを伝授

 

自分に合う勉強方法が見つかるまで色々な勉強方法を試してみるのもいいと思います。

興味のある方は一度私のこの勉強方法も試してみて下さいね。

全部を取り入れる必要はないです。自分に合うやり方だけ採用すればいいと思いますよ(^^)/

\中国語の歌が歌えるようになる/

>>無料メルマガ配信中! 

最後まで読んでいただきありがとうございました♪
Let’s Enjoy中国語

★ブログランキングに参加しています★
記事がお役に立てましたらポチよろしくお願いします

にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ
にほんブログ村


中国語ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です