中国語の発音って難しい?独学だと無理??

中国語は発音が難しいとよく言われています。

でも中国語が話せる私から言わせてもらえば、ドイツ語とかフランス語とかよりは簡単だと思います。

ドイツ語系ってトゥルルル~的な発音が出来ないとそもそも発音できなくないですか?

私はトゥルルル~が練習してもどうしても出来なかったのでドイツ語系は諦めました(笑)そんな私でも中国語は話せますよ(笑)

確かに、中国語には日本人には馴染みのない発音があるので慣れるまではちょっと苦労するかと思いますが、コツさえつかんでしまえば全然大丈夫です!

ここでは、中国語を教えている立場の私が思う日本人が苦手な中国語の発音をご紹介していきたいと思います。

ベストなのは変な癖がつく前に発音をしっかり中国語の先生にチェックして直してもらう事ですが、自分で意識して練習すれば独学でもそれなりに正しい発音は身に着けられますよ(*^^*)

日本人が苦手な発音を意識して練習する

日本人の話す中国語を聴くと初心者の方ならだいたいの確率で正しく発音できていない発音をご紹介していきますね。

逆に言うと、これらの発音がしっかり発音出来てさえいれば初心者とは思われない発音レベルになれるので是非意識して練習してみて下さい(^^)

まずはここから!日本語にはない独特な発音

中国語を勉強し始めて、やはり一番最初に難しいと思うのが「e」と「ü」の発音だと思います。

でも実はこの発音がなかなか出来ないという方は実際には少ないんですよ。

例え正しくない発音をしていたとしても、ちょっと意識して直してもらうだけですぐに発音を正せる人がほとんどです。

結構皆さんちゃんと発音できていますので、コツさえつかんじゃえばどうって事ない発音です。

「e」と「ü」の発音のコツ

テキスト的に説明をするとこんな感じです。

「e」・・・左右に唇を開き日本語の「エ」の口の形のまま「オ」を言う。

「ü」・・・日本語の「ウ」を言う口の形のまま「イ」を言う。

でも、発音の仕方って結局は個人差があるんですよ。

私が個人的にやりやすいと思うのはこのやり方です。

「e」・・・日本語の「エ」の口の形のまま「ウ」を最初に発音し、だんだん「ウ」から「ア」の発音に変えていく。

※「エ」の口の形で「ウ~ア」と言うつもりで発音する。

「ü」・・・日本語の「ウ」を言う口の形のまま「ユ」を最初に発音し、だんだん「ユ」から「イ」の発音に変えていく。

※「ウ」の口の形で「ユイ~」と言うつもりで発音する。

MEMO
先ずはテキストに付いているCD等の正しい発音をしっかりよ~く聴いて下さい。

正しい発音と同じ音が出るように何度も真似して練習してみて下さい。

正しい発音と同じ音が発音出来ればそれでOKです!

そり舌音には特に注意を!

日本人が中国語を話す時に一番苦労するのがそり舌音です。

具体的に言うと「zh」「ch」「sh」「r」から始まる単語ですね。

日本人が話す中国語を沢山聴いてきましたが、初心者の方の八割以上がこの発音が正しく発音できていないというのが私の印象です。

それでいて意識して直してもらってもなかなか改善できなかったりするんですよね(汗)

なのでこのそり舌音が日本人が中国語を発音するにあたっての一番の難関だと思います。

この発音がしっかり出来ていないと会話相手も意味を理解できない(単語を聞き取れない)ので意識してしっかり練習してみて下さい。

そり舌音の発音のコツ

そり舌音をテキスト的に説明すると“唇を左右に開き、口の中で舌を上の歯茎に向かって反り上げる”です。

始めての方にはちょっとよく分かりませんよね。

私が個人的にやりやすいと思うのは、イメージとしては日本語の声を潜めて「静かにして!」を促す声ではなく音だけの「シ~」と言うあの発音です。

これも結局は口の形や動かし方は個人差なので正しい発音を良く聴いて同じ音が出せればOKです。

注意
発音の練習は大きな声で!

中国語の発音には四声があります。

例え同じ発音でも抑揚の付け方次第で意味が全く変わってきます。

日本語はあまり大きな声を出さなくても発音できる言語ですが、中国語だとハッキリ発音しないと相手は聞き分けられません

日本人にとって「オーバーでは!?」ぐらいに発音してやっと丁度いいぐらいという事を頭において練習してみてくださいね。

 

発音のお手本に無料のアプリを利用すると便利ですよ↓↓↓

中国語の発音練習に!無料アプリが超便利♪

会話に重要なのは正確な発音ではない!

私は中国大使館に勤務していたので、業務上沢山の中国の方々とお話ししてきました。

その経験から感じたのが、実はネイティブ中国人でも全員が全員発音が綺麗で正しいという訳では決してないという事です。

中国は広いのでそれぞれの地域で使われている言葉(方言)があります。

中国人なら基本皆が共通語である普通話(普通话)は話せますが、北京周辺や東北出身の方以外はそれぞれの地域のなまりを引きずった発音で話す人がすごく多いです。

なので、日本人である私の方がネイティブ中国人より発音綺麗じゃん!って思う事もよくあったし実際に褒められる事も結構ありました(笑)

何が言いたいのかと言うと、発音の練習はもちろん大切ですが発音が綺麗に出来ないからダメだと尻込む必要は全然ないという事です。
だって、ネイティブスピーカーだって発音が完璧じゃない人がいっぱいいるから(笑)

私は中国人との会話は技術よりも情熱だと思っています。

中国とのビジネスは相手とどれだけ仲良くなれるのかが鍵となってくるので、例えビジネス上の会話でも日本人によくありがちな表面的なその場しのぎの会話ではなく心から気持ちのこもった会話をした方がより絆が深まります。

まあそれは日本でも同じですが、中国は日本よりもより情を重んじるという感じです。

ですので、「発音に自信がないから・・・」と引け目を感じながら会話するのではなく、例え発音が上手ではなくても心を込めて相手を理解したい・自分を理解してもらいたいという気持ちが大切です。

よりスムーズな会話をする為には日頃からの発音練習は必要ですが、いざ会話をする時は発音なんて気にせず是非思い切って会話してみて下さい

もし会話上で間違った発音を指摘されたら、逆に勉強のチャンスです。ついでにちゃっかりその話し相手にちょこっとレッスンしてもらっちゃいましょう(笑)

会話は是非楽んでくださいね(#^^#)

\中国語の歌が歌えるようになる/

>>無料メルマガ配信中! 

最後まで読んでいただきありがとうございました♪
Let’s Enjoy中国語

★ブログランキングに参加しています★
記事がお役に立てましたらポチよろしくお願いします

にほんブログ村 外国語ブログ 中国語へ
にほんブログ村


中国語ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です